待望のデジタルスチルカメラ DSC-HX300 発売開始



業界最高クラス、望遠1200mmの高倍率ズームを実現

レンガ一本で、広角24mmから望遠1200mmまでの撮影範囲に対応。さらに、レンズ群に は1枚のスーパーED(特殊低分散)ガラスと2枚のED(特殊低分散)ガラスを使用し、高倍率ズーム領域で発生しやすい色収差をしっかりと抑え、色にじみ が少なく、解像感のある高画質撮影を実現します。また、ソニー独自開発の“全画素超解像”技術を採用した超解像ズームを搭載し、解像感を保ったまま約 100倍まで拡大できます。

 空気感まで描写する、カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
 カールツァイス社の卓越したレンズ技術と、ソニーが誇る高画質技術を結集させた、カールツァ イス「バリオ・ゾナーT*」レンズ。さらに、最高級仕様の多層膜「T*(ティースター)コーティング」を施し、ゴーストやフレアなど不要な反射光を大幅に 削減。圧倒的な描写性能を実現し、シーンの空気感まで表現します。また、絞りには7枚羽根を採用し、美しいぼけ味をつくりだします。
 手ブレ補正が常時作動し、快適なフレーミングをサポート
 カメラを構えている最中は、常に光学式手ブレ補正が有効に作動。そのため、ブレやすく構図が定まりにくい高倍率ズーム時でも、ストレスなくスムーズに構図が決められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です