デジタルシネマサービスで国内シェアNo.1を獲得

ソニーとユナイテッド・シネマ「デジタルシネマ・ソリューションサービス」導入で合意
- デジタルシネマサービスで国内シェアNo.1を獲得 -

 

 

ソニーは、国内映画館運営大手のユナイテッド・シネマ株式会社(以下、ユナイテッド・シネマ)と映画館のデジタル化を支援する「デジタルシネマ・ソリューションサービス」を導入することで合意しました。
これにより、ユナイテッド・シネマの運営する映画館、全20サイト、199スクリーンへデジタルシネマ上映システムが設置されます。システムの設置完了時期は2012年11月末の予定です。

 

ソニー、デジタルシネマサービスで国内シェアNo.1を獲得

デジタルシネマプロジェクター「SRX-R320」

 

ソニーは、ティ・ジョイやTOHOシネマズ、東急レクリエーションなどへ既にデジタルシネマ・ソリューションサービスを展開しており、今回のユナイテッド・シネマへの導入で、シネコン向け同サービスで国内シェアNo.1を獲得しました。

 

 

詳しくは、ソニー プレスリリース 「ソニーとユナイテッド・シネマ 「デジタルシネマ・ソリューションサービス」導入で合意」 をご覧ください。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です